2013年5月30日木曜日 :ishinonaka

低価格ヘッドホン PIONEER SE-M290のレビュー

ヘッドホン

ヘッドホンを壊し、予備として使っていたイヤホンも壊し、出所不明のイヤホンをずっと使っていたが耳が痛くなるのがそろそろ我慢できなくなってヘッドホンを購入。
アマゾンで妙に人気があって値段も安くなっているのでとりあえずパイオニアのSE-M290を買ってみました。
せっかくなのでビューをします。
※注意
私は音質ガチ勢ではないです。聴覚情報の精度に関しては多分当てになりません。比較するものが100円ショップにあるようなイヤホンなどであることなどからいろいろと"お察しください"。
環境:ノートパソコンにUSBサウンドカードのCreative Sound Blaster X-Fi Go! Pro



付け心地
素晴らしいです。イヤーパッドは柔らかく耳やその周りが痛くなることがあまり無いです。さすがにメガネをしつつ3時間ぐらいつけていたら少し気になることもあるかな。
長さ調節の部分はゴムのように伸び縮みする素材でできています。カチッっと音を鳴らして調節するタイプではないですね。お陰で頭に良くフィットします。

音質
私はエージングの効果をあまり信用するほうではないのですがこのヘッドホンは使い始めて最初の1曲めの音質がとにかく篭ってて酷い。高音低音がどうとかではなくアニソンのボーカルでも篭ってて気持ち悪いと感じるぐらい酷かったです。
とりあえず2時間ぐらい大きめの音量で流し続けて放置しました。こうすると結構変わって、気持ち悪いとは思わなくなりました。

音量
なんでこの項目があるのかと言うと、このヘッドホンは音量調節の部分がないです。音量はOSかソフトウェアで対応しましょうということです。
ヘッドホン自体の音量は小さめと思われる。
個人的には今まで使っていたイヤホンだと動画サイトを開くなどOSが音を鳴らす準備ができたときにノイズが聞こえていたのがこのヘッドホンにするとあまり聞こえなくなっていたのでこのへんは満足。

遮断性、音漏れ
遮断性はあるけど過信してはいけません。

その他
ケーブルは3.5mと長め。あとケーブルが若干太め。
スピーカーが外側に向くまで回して片耳だけで聞くことができる。
足音とかちゃんと聞こえるのでFPS用途としては悪くはない。良くもないけど。



まとめ
価格2500円のうち、2000円分は付け心地に費やしていそうな印象。
値引きされて売られている。
音質はこの価格帯と比べてあまり差がないけど最初はエージングなど調整が必要。
付け心地と音質音量が全体的に疲れない感じ。

感想
低価格帯睡眠用癒し系ヘッドホン。

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿