2016年2月10日水曜日 :ishinonaka

TwitterのAPIを触ってみる

Twitter

Twitter使ったことないしよくわからないけどAPIは使ってみたい。
ただ触るだけ。
Twitter使う前撲「Twitterよく知らないし怖い」
TwitterAPI触った後撲「Twitter? リプライとかリツイートとかまだわかんないっすね。statusesのupdateをPOSTで送るとツイートできるってことはわかるんだけどなー。」





twitterアカウントの取得。必須らしい。
-----------------------------------
https://twitter.com
名前とメールアドレスとパスワードの入力する。
このときの電話番号入力はスキップ。
誰かのフォローをするように促されるが誰のフォローもせずスキップ。
メール認証してアカウントの取得完了。

Twitter APIを利用する準備
-------------------------

電話番号がないとAPIを使わせてくれないので電話番号を登録する。
(PCだと)右上のタマゴっぽいアイコンから設定 -> モバイルからスマートフォン的な電話番号を入力。
ショートメールが来るので送られてきた番号を入力。
私の環境だと電話番号を登録できませんでした。再度お試しください。という文章がでてなかなか通らなかった。
電話番号を入力する画面やコード入力画面でリロードしてよくわからないまま解決。検索してもリロードが大事らしいということしかわからなかった。
アカウントの取得時に入力しなかったのはこのエラー警戒。

ようやく電話認証が通ったのでhttps://apps.twitter.com/のCreate New Appする。
NameとDescriptionとWebsiteを入力して登録。
作ったらKey and Access Tokensから
Consumer Key (API Key)とConsumer Secret (API Secret)を確認。
Create my access tokenでAccess TokenとAccess Token Secretを作成。

これでAPIから自分のアカウントでツイートする準備ができた。


tweetする
---------
https://dev.twitter.com/rest/reference/post/statuses/update
ここにいって

自分のアプリケーションを選択。
下の方のRequest queryのstatus=の値を適当な文字列に変更する。よく考えたら末尾の!!が説明の邪魔。

Get OAuth Signatureを押す。
下になにか出てくるのでlinuxだったりchocolateyあたりでインストールしてあったりしてcurl使える人は一番下のcURL commandのところの文字列をコピペして実行。
httpsで怒られたら末尾に-k追加。
Hello World!!

やったぜ。

curlとか聞いたことない場合はRESTでググるとchromeの拡張などあるので
Advanced REST client
cURL commandの上にあるAuthorization headerをコピーしてheadersにペースト。
urlをhttps://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json?status=<何か文字列>にしてsendするとうまくいきました。



みんなもAPI触ってドヤ顔しようず。

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿