2013年7月3日水曜日 :ishinonaka

IMEの有効無効は別々のキーに設定して切り替えるのが圧倒的に便利

google

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました(1.11.1490.10x)
windows版のGoogle日本語入力に現在のモード表示機能が付きました。
わかりやすくていいですね。
でもそもそも現在の入力モードが何であるかを判断してから半角全角キーでIMEをトグル操作で切り替えるなんてことはしない。
現在の入力モードに関係なく日本語を打ちたかったらIMEを有効にするキーを叩いてから入力するし、英文を入力したかったら無効にするキーを打ってから入力します。
そして何よりも半角全角キーは遠い。

Google日本語入力であれば、プロパティからキー設定の編集をします。


ここでそれっぽいやつを設定します。私はIMEの有効無効に変換キーと無変換キーを使っています。
文字入力なしと直接入力のHenkanやMuhenkanにIMEを有効化、IMEを無効化を割り当てると大体思い通りの挙動になるんじゃないかな。

完全に個人の好みだけど変換前入力中のMuhenkanに半角英数に変換を設定するのも便利だと思う。英字打とうとしてうっかり無変換キーを押し忘れてもギリギリなんとかなる。
おれおれ仕様みたいな設定をして少し幸せな気分になってみたり。

でも独自のキーバインドってたまに考えるけど実際は思ったほど幸せにならなかったりする。

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿