2020年6月4日木曜日 :ishinonaka

pythonでwebアプリが簡単に作れるStreamlitを使ってみる

python

streamlit

https://www.streamlit.io/

webアプリが簡単に作れる!
ダッシュボードが数行で作れる!
表やグラフを扱える!
という楽しそうな噂を聞いたので使ってみた

インストール

pip install streamlit

依存するライブラリが多いのでvirtualenvなどを使って環境の隔離をしておく

hello world

デモが用意されているので動かしてみる

streamlit run helloworld.py

自動的にブラウザで開く

レスポンシブなのでスマートフォンからの見た目もいい

マッピングとか楽しそう

何か書いてみる

https://docs.streamlit.io/en/latest/getting_started.htmlを参考にする

適当な空のpyファイルを作ってstreamlitを起動

streamlit run first_app.py

何もしない真っ白なwebアプリが立ち上がった
pyファイルに何か書いてみる

import streamlit as st
import pandas as pd

st.title('My first app')

st.write('## テーブル')
st.write('スパムが多い')

df = pd.DataFrame({
    '食べ物': ['卵', 'スパム', 'スパム', 'ベーコン'],
    '人': ['ジョン', 'テリー', 'エリック', 'グレアム']
})

st.write(st.table(df))

ファイルに変更があると右上にRerunと出てくるのでクリックする
出てこなかったらハンバーガーボタン(Ξみたいなやつ)からRerun

反映のための再起動が不要なところがgood

ウィジェット

テキストボックスやチェックボックスを設置してみる

import streamlit as st

'''
# ウィジェット
## input box
テキストの変更もちゃんと反映される
'''

text = st.text_input('入力するよ', 'でふぉると')
st.write(text)

'''
## check box
チェックボックス
'''

if st.checkbox('ちぇっくぼっくす'):
    st.write('オンだよ')
else:
    st.write('オフだよ')

表示するテキストを文字列として埋め込むこともできる
ウィジェットに変化があると自動的に再描画される

matplotlibも使ってみる

import streamlit as st
import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np
import warnings
warnings.filterwarnings('ignore')

n = st.sidebar.number_input('n', min_value=2)

x = np.linspace(0, n*np.pi, 100)
plt.plot(x, np.sin(x))

st.pyplot()

st.sidebar.number_inputのようにsidebarをつけることでサイドバーに設置することができる

感想

  • webアプリとして動くものがpythonの記述だけで作れる
  • 見た目も悪くない
  • 書きやすい

何かを作り始めるときや統計を表示したいときに役立ちそう

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿